憧れの海外製食洗機

2022年6月10日

皆さまこんにちは!WEB担当の齋藤です。

私事ですが、本格的にお家づくりをスタートした今日この頃・・・。
決めることが山ほどある中で、突き当たったのが食洗機どうしよう問題。
日本製、海外製、深型、浅型と各メーカーやブランドによって容量やデザインも様々です。

そんな中、海外製食洗機を取り扱っている「ナンブ・ホームアプライアンス株式会社」様よりお話を聞く機会があり、とても勉強になったので皆さまにシェアしたいと思います!

今回は、《今人気の海外製食洗機ブランド》を5つご紹介します。

画像①いただいたパンフレット

1.ミーレ「Miele」(ドイツ製)
・日本での海外食洗機シェア率No.1!
・最新モデルでは世界発の洗剤自動投入システムを開発し、導入。
・日本のキッチンに多い85cmサイズもクリアしているため、シェア率が伸びているようです。
・ディスプレイ表記には日本語もOKとのことで、英語が苦手な方にも安心です。

画像②ミーレ

2.ボッシュ「BOSH」(ドイツ製)
・世界でのシェア率No.1!
・ゼオライト・ドライという乾燥方式を独自開発。
 ⇒湿気を吸着すると熱を発生する特性を持つ鉱物(ゼオライト)により、庫内温度を高め、乾燥時には湿気を吸収して素早く乾かしてくれます。
・保証期間は他ブランドの中で一番長い5年。

画像③ボッシュ

3.ガゲナウ「GAGGENAU」(ドイツ製)
・ボッシュの高級ライン
・スタイリッシュなデザインで、食器を入れるバスケットは高級感あるダークグレーで統一。
・フロントパネルもシンプルで無駄がなくかっこいい。
・機能はボッシュとほぼ変わりません。

画像④ガゲナウ

4.アーエーゲー「AEG」(ドイツ製)
・最新モデルでは、“コンフォートリフト”という下部バスケットを上部バスケットの高さまで持ち上げ、腰を深くかがめることなく、食器を出し入れできる機能が追加。
・最小限のエネルギーで食器を乾かす余熱乾燥方式(エアドライ)。
・洗浄後に蒸気を冷やすため、自動でドアが10cm開きます。

画像⑤アーエーゲー

5.ベコ「beko」(トルコ製)
・他ブランドの中で一番リーズナブルな価格。
・サッカーチームのFCバルセロナがスポンサーになっているほど海外ではメジャーなブランド。
・ドア面材の変更はできませんが、ステンレスドアが標準装備されており、操作パネルもシンプルなデザイン。
・洗浄コースも他ブランドと変わらず、充実したコース内容。

画像⑥ベコ

共通して言えることは、
①45cm・60cmのサイズが選べる
②大容量(食器と一緒にフライパンやお鍋も入る)
③標準60℃~75℃の高温洗浄
④デザインがとにかくかっこいい

各ブランドごとに特徴がありますが、洗浄力はどれも劣らず、素晴らしい洗い上がりだそう。

何より私が「これは最高!」と思えたのが、【予洗いいらず】なこと!
お皿に残った残飯だけ捨てて、あとは食洗機に入れるだけ。家事楽。
朝使った食器類を夜まで放置してもピカピカになるそうです!
さらに、予洗いがいらないおかげで節水にも繋がります。

これはもう海外製食洗機に惹かれますよね?(私はどっぷり惹かれています)
しかし、ここで1つクリアしなければいけない大きな問題が・・・。

それは【価格】です。

下は20万円後半~上は70万円前後。
標準的に選ばれているのは35万~50万円。

やはり日本の食洗機と比べると格段に上がります。

しかし、海外製食洗機の使用年数は約20年と言われているそうで、(その間に修理があったりもするそうですが)長期的にみるとこの価格帯は致し方ないのかなと思います。

そしてこのご時世で心配なのが、【納期】。
お客様によっては1年待つ方も・・・。
最近では、徐々に入荷スピードも回復しているそうですが、ブランドによっては遅延する可能性もあるので注意が必要ですね。

しかし、待ってでも使いたい方がいるのは事実。
認知度も上がってきているので、食洗機をお考えの方はぜひご検討ください。

アンドクリエイトでは、様々なニーズにお応えできるように海外製食洗機もお選びいただけます。
2022年5月に完成したばかりのモデルハウス「axsis寺尾西」では、『ミーレ』を採用しました。
キッチンの面材と合わせた木目調のドアは、ナチュラルで柔らかい印象に。

画像⑦axsis寺尾西モデルハウス食洗機

実際の大きさなどご覧になりたい方は、お気軽にお申し付けください。

※現地に来られないという方は、オンラインでも内覧可能です。

長々と書いてしまいましたが、ほかにも伝えきれていない魅力がたくさんあります!
もっと詳しく知りたい方、不安点や疑問点などある方、ぜひ一度アンドクリエイトへご相談ください。

皆さまのお家づくりがより良いものとなりますように!

TOP湖南ブログ > 憧れの海外製食洗機